I M 0 2


深く広い下屋
閉じれば個室
開ければ小上がり
北側でも明るい勝手口
貯蔵庫は天井を高く広々と
隣室との境は保温のため断熱ガラス戸

厨房の入口は、番重など持ってても
通りやすいよう幅広に
配線レールは灯りやコンセントを
追加できる点が便利
奥が水回り

階段の幅も少し広い
突板の造作戸
階段の見下ろし

倉庫部屋
勾配天井の部屋
吹抜に面した小屋裏収納

●築60年ほどの倉庫があった場所に、
貯蔵庫兼作業所兼倉庫兼厨房の多目的小屋を建て替え。
築年数が半世紀やそれ以上の旧宅を建て替える際、
旧宅が新築された頃は無断熱が当然の時代で
建築材料も現在より安価なものが多く、
坪あたりの工事費も現代より遥かに安かったため大きく作れた。
現在の基準で断熱・構造を考えると坪あたりのコストは
非常に高くなり、同じ面積の維持は難しいことが多い。
今回に限らず岩手にはとても多いケースである。
そうした中で使い勝手を考えて小さくても広く使える小屋を作るのは、
住宅と同じように工夫が必要だった。
●施工:有限会社藤喜工務店
●規模:地上2階 ●構造:木造
●建築面積:約156㎡(約47坪) ●延べ床面積:約172㎡(約52坪)
●敷地面積:約382㎡(約116坪)